渡邉正義センター長(特任教授)の第73回日本化学会賞受賞決定

渡邉正義センター長(特任教授)が第73回日本化学会賞を受賞されることが決定いたしました。

受賞業績:『イオン液体を基軸とする有機イオニクス材料に関する先駆的研究』


日本化学会は、会員約3万名を擁するわが国最大の化学の学会です。日本化学会賞は化学の基礎または応用に関する貴重な研究をなし、その業績が特に優秀な研究者に授与されます。これまで渡邉先生が行われてきたイオン液体をはじめとする有機イオニクス材料に関する研究が高く評価されました。